1507201top

色々なニキビケアをしてもなかなか治ってくれないニキビ。
もしかしたらそんな方がいるのではないでしょうか。
もしかしたら原因は、ニキビケアの効果よりも
食生活の方に原因があるのかもしれません。

今回はニキビと食生活の関係性について
考察していこうと思います!

ニキビと食生活の関係性とは

ニキビは食生活によって大きく影響を受けています。
ニキビの出来る原因は主に皮脂が過剰に出てしまうことで起こる
毛穴のつまりから起こるものなのですが、
食生活を改善することでニキビの原因を作らないということも可能なのです。

ニキビに効果的な食べ物

shutterstock_88218493

 

実際にどんな食べ物がニキビの発生に効果的なのか見てみましょう。

【ビタミンA】にんじんやほうれん草、うなぎ
毛穴のつまりを解消してくれ、肌に潤いを保ってくれます。

【ビタミンB₂】卵や乳製品、レバー
皮脂の分泌を抑制し、お肌の状態を正常に保ってくれます。

【ビタミンB₆】カツオやマグロ、鶏ササミ
新陳代謝や、肌のターンオーバーを促します。

【ビタミンC】緑黄色野菜、果実など
コラーゲン線維の生成を促進し、メラニンを抑制することで美肌を保ちます。

【ビタミンE】レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜
高い抗酸化作用を持ち、血液の循環を改善します。

【ミネラル】
カルシウム・・・・・チーズ、牛乳
マグネシウム・・・穀物、昆布
亜鉛・・・・・・・・・・牡蠣、カシューナッツ
ホルモンバランスを整え、お肌のターンオーバーを促進します。

【コラーゲン】鶏の皮や軟骨
アミノ酸として吸収され、お肌の再構成を促進してくれます。

【食物繊維】サツマイモ、キノコ類、豆類、藻類
体内の脂質代謝を調整してくれます。

ニキビになってしまいがちな物

shutterstock_197300027-20160427214807_thum630

逆にニキビになってしまいがちな食べ物はどんなものでしょうか。

【カフェイン】コーヒ、紅茶など
ビタミンB群の吸収を低下させてしまいます。

【アルコール】ビール、カクテルなど
皮脂線を刺激し、炎症を悪化させてしまいます。

【辛い食べ物】
胃腸に負担がかかり、消化器官の機能が低下してしまいます。

【糖分の多い物】
過剰な糖分は体内で「脂肪」として残り、皮脂が過剰に分泌されます。

バランスの良い食事が大事

サラダを食べる女の子

ニキビになりやすい物も完全に悪影響というわけではありません。
アルコールも適量なら血行促進に効果がありますし、
辛い食べ物も新陳代謝を上げる効果があります。
栄養価の高い食事を心掛けるとともに
バランスの良い食生活を送るように心がけましょう。